(大学受験の勉強)化学の勉強のコツ

よく「化学はどういった感じで解いたら良いのか判らない」、とおっしゃる受験生の人が多いように思われます。それはおそらく、頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)の中のみで問題を考えているからとされています。化学は確かに、暗記(きちんと覚えているか時間をおいて反復することで、記憶として定着しやすくなるでしょう)が多い科目です。とにかく、公式さえ覚えて、問題に当てはめていけば受検はなんとかなる、と思っている方もいらっしゃるかもしれないですが、それでは応用がききないでしょう。それに、いかに暗記(覚えようとする文字や?字などを何もみないで、口に出したり、書いたりできることをいいます)しても、すぐにわすれてしまう可能性も高くなります。化学は図説を使って暗記(声に出す、書く、反復するというのが確実な方法でしょうか)し、頭の中で想像しながら問題を解いていく事で脳へ確実に定着していきます。まず、暗記(単語帳のようにカードに書く方法、語呂合わせを使って覚えやすくする方法などがあります)するコツかといって、無機化学はそれぞれの反応や生成物を多く覚える必要がある、暗記(覚えたいことを別のイメージや体の部位などに結びつけたりする方法もあります)する部分が最も多い分野です。そこで、参考書(買っただけで頭が良くなった気になってはいませんか)等のフルカラーの写真や図説を使用することで頭に入りやすくなり、イメージもわきやすくなるようです。その時には、常に「何故こうなるのか?」と考えるクセを付けるようにされて下さい。また、有機化学は、問題がパターン化されているケースが殆どのようです。パターンを覚えて、毎日1~2問は必ず問題を解くようにしたらいいですよ。化学の勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)は、実際に化合物を見たり匂いを嗅ぐ、実験を行ったりする事により、反応などの現象を頭の中でイメージとして理解する事が出来るようになり、記憶(マフィンを食べたことがきっかけで始まる長い長い物語もあります)にも残るようになるでしょう。化学物質や元素の性質は、一覧表にまとめて視覚(眼球を通じて脳に伝達される光による情報のことです)で覚えるようにするのも、すごく良い方法ですね・詳しく調べたい方はこちら>>>>>スタディサプリの評判|受験生の評判が良いスタディサプリの講義内容とは